歯周病とは

ひどい歯周病とは、歯周病菌やその他いろいろな要因で、歯を支えている歯槽骨が少なくなり、歯茎の腫れ、出血、口臭、歯の揺れ、噛んだときの痛みなどの症状が出てくる病気です。

歯周病は、全世界で一番万延している生活習慣病で、世界人口の約70%が程度の差はありますが、なんらかの歯茎の病気に侵されていると言われています。また、世界では約9億人の人々がひどい歯周病に悩まされていると言われています。

ひどい歯周病は、治らないと思われて、あきらめられている方も多いのではないでしょうか? しかしながら、ひどい歯周病も適切な診断と総合的な治療をすれば、実は、かなりお口の状態を良くする事が可能なのです。

ひどい歯周病治使用方法

近年では、口の中の虫歯菌や歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に溶菌することが出来るパーフェクトペリオという機能水を使った治療法、ひどい歯周病の薬として、抗真菌剤などを使った治療法などもあり、効果が出ています。

また軽度の歯周病や、薬はなるべく飲みたくないという方には、元々体内にいる有益な菌の乳酸菌LS1を増やして歯周病を予防するプロバイオティクスという方法も注目され始めています。

ひどい歯周病治療の新しい形 パーフェクトペリオ

パーフェクトぺリオ

パーフェクトペリオは、口の中の虫歯菌や歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に※溶菌することが出来る機能水です。

※溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

強い溶菌力に反して、体への影響はほとんどなく、ひどい歯周病治療の全く新しい治療法として、今、注目されています。

また、歯科医院で行うパーフェクトペリオ歯周病治療は、
治療回数が少ない、
歯茎を切らない、
歯周病菌を完全に溶菌するなど、
従来までの歯周病治療に比べて、様々な点で優れた特徴があります。 

ひどい歯周病の治療前(61歳女性)

ひどい歯周病治入れ歯

ひどい歯周病の治療前

ひどい歯周病で、上の前歯と左下の歯を多く無くされた方です。長い間取り外しの入れ歯を使われていましたが、入れ歯が合わず、何度も入れ歯を作り直していましたが、一向に状態が良くならず段々と歯が無くなっていってしまったそうです。合わない入れ歯を無理に使い続けてきたために、歯茎も赤くただれていました。

ひどい歯周病の治療後(61歳女性)

ひどい歯周病治マグネット

ひどい歯周病の治療後

ひどい歯周病・治療後の写真です。前歯にマグネット用の磁石が付いていますが、その下には歯の根が残っています。また写真ではわかりにくいのですが、前歯の歯茎の下にも、それ以外の歯の根が残っています。それらの歯茎の下に埋まってしまっていた歯の根を矯正力で引っ張り出し、ひどい歯周病の処置をすべての歯と歯茎に施しました。歯は一本も抜かないで済みましたので、上顎は入れ歯をやめて、全体をブリッジ式の差し歯で繋ぎました。

下顎は、上顎と同じくすべての歯をブリッジ式の差し歯で固定して、歯をしっかりさせてから、入れ歯を入れました。

上顎の取り外しの入れ歯が無くなり、噛合わせも理想的な形にしましたので、見た目も良くなり、快適に食事が出来るようになりました。また歯茎の処置を全体的にしたので、歯茎が健康になり、正常な状態に戻っています。

また、治療中にパーフェクトペリオでの虫歯菌と歯周病菌の完全除菌を行い、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。