ひどい歯周病の治療例(61歳女性)

ひどい歯周病の治療前(61歳女性)

ひどい歯周病治療ただれ

ひどい歯周病の治療前

ひどい歯周病で、前歯を多く無くされて、取り外しの入れ歯を長い間使われていた方です。

今まで何回も入れ歯を作り直され、ひどい歯周病の治療も長い間されてきたそうですが、一向によくならなかったそうです。

合わない入れ歯を無理に使い続けてきたために、ひどい歯周病が進行し歯茎も赤くただれていました。

この場合の問題点は、ひどい歯周病に対する総合的な診断と治療計画を立てていなかったことにあります。

ほとんどの場合、ひどい歯周病は歯の揺れや、歯茎の出血などが最初に現れますが、症状が現れたところだけ治療して終わりにするその場限りの歯槽膿漏治療をしていると、だんだんと、ひどい歯周病の症状が大きくなり、気づいたときには、ひどい歯周病で歯を抜かなければならないところまで進んでしまいます。

ひどい歯周病の治療後(61歳女性)

ひどい歯周病治療矯正

ひどい歯周病の治療後

ひどい歯周病の処置をすべての歯と歯茎に施し、歯茎の下に埋まってしまっていた歯の根も矯正力により引っ張り出して、最終的には一本も抜かずに治療することが出来ました。

歯が多く残せたので、取り外しの入れ歯はやめて、全体をブリッジタイプの差し歯にしました。

取り外しの入れ歯がなくなったので、 歯槽膿漏だった歯茎の状態も正常に戻っています。

また、治療中にパーフェクトペリオでの虫歯菌と歯周病菌の完全殺菌を行い、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。